京都芝3000m!枠順による有利不利!!

Pocket

こんにちは、ユキオです。

本日は京都芝3000mの枠順による有利不利を検証したいと思います。

馬場状態別に良馬場と稍重・重・不良馬場で分けています。本来なら良馬場と稍重・重と不良馬場の3つに分けるべきかと思ったのですが、不良馬場は該当レースが少ないため稍重・重に含めています。

それでは検証に入りたいと思いますが、その前に前提条件と理由を下記リンクから確認して下さい。

枠順による有利不利!データの前提条件!!


良馬場

完全に3枠より内ですね。8枠の勝率と単勝回収率も見逃せません。


稍重・重馬・不良馬場

重馬場は傾向が掴めません。サンプル数が少ないのでしょうがないんですが。


まとめ

京都芝3000mは年間に菊花賞と万葉Sの2レースしか開催されていません。菊花賞の際には是非ご参考に。

基本的には芝のデータがあてになり、3枠より内が有利という傾向なのですが、やはり8枠の勝率と回収率が気になりますね。

一般的には芝は内枠が有利と知られていて、大外枠は敬遠されていてそこそこのオッズがつく。

しかも勝率を見る限り不利枠とも言えずそれなりの勝率を出す。結果回収率が高くなっている。こんなところでしょうかね。

では今回のまとめです。

京都芝3000mは3枠より内が有利!良馬場の大外枠はかなり熱い!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ